メインイメージ

人によっては意味がないって場合

グローバル化社会に伴って留学を希望する人が増えています。海外留学とは自分を高めることができるのだと当たり前に認識している人は大間違いです。同じ留学をしても成長の度合いは人それぞれ。その違いは何なのでしょうか。それは留学を言語能力を発達されるだけのものだと思っているかそうでないかです。語学を上達させることだけが留学の目的ではありませんし、ましてやそれが学ぶということだとを勘違いしてはいけません。学ぶということとは、自分の知らなかった何かを真摯に受け止めながら、精神の向上に繋げることです。それを理解せず、ただ言語能力の上達のためだけに留学することは全く意味のないことだと言えます。もちろん言語能力を高めることも非常に大切なことですが、それ以上の収穫をすることが重要です。例えばその土地に伝わる習慣や考え方など、自分の知らない様々なことを吸収できるかどうかが意味のある留学にするための鍵と言えますね。

Menu

コミニケーションをとるため
ぬるま湯からの脱出
人によっては意味がないって場合
自分から発信していく事