メインイメージ

環境が人を育てるとも

近年、いたるところで国際化が叫ばれ、小さい頃から英語に触れる機会が増えています。英語教育関連商品も多数販売されています。本、CD、DVDなど多くの商品が登場しています。年齢が進むと、英語学習を極めたいと希望する人は留学を希望します。留学は、毎日が驚きの連続です。留学環境では、語学だけではなく、それ以外のことも学ぶことができます。気候などの違いはもちろんのこと、生活習慣、食文化などに関して、自国との違いに気づくことができます。留学環境で改めて知ることで新たな気付きにつながります。留学環境では、異なる考えを学ぶことで自分自身を高めることができます。大小様々な気づきがあります。留学環境では、日本人同士で交流するのではなく、なるべく現地の人と関わることがポイントです。コミニュケーションを多く交わすことで、意見交換なども頻繁にすることができるため、自分の幅を広げることができます。語学のレベルも、コミニュケーションレベルの上昇に伴って格段に上回ることができます。留学環境が人を育てる部分が多く、本やテレビなどで学ぶのではなく、実際に自分が現地で体験することで、他社に意見を伝える場合にも説得力が増します。また、考え方にも柔軟性が生まれます。日本にいては、日本ならではの考えにとらわれがちになってしまいますが、海外では新たな考えも取り入れて考えることができます。たくさんの経験から密度の濃い考えを持つことができるようになります。生活環境においては、ホームステイ、学生寮、ルームシェアなど、自由に選択が可能ですが、なるべく海外の生活に飛び込めるものを選ぶことがオススメです。留学を行うことは、とても大切な思い出や、経験にすることができます。その経験を武器に社会環境に出て、経験をいかすことが大切です。帰国後も自己研鑽の意識を持つことが必要とされます。向上心を持ち、学ぶ意識を高くしつつ生活していくことが大切です。

ぬるま湯からの脱出

詳細は『Menu』から

Menu

コミニケーションをとるため
ぬるま湯からの脱出
人によっては意味がないって場合
自分から発信していく事